Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. here

Perlのインストール方法 - Windws、macOS、Linux対応

Perlのインストール方法を解説します。Windws、macOS、LinuxでそれぞれPerlのインストール方法を紹介します。

  1. WindowsにおけるPerlのインストール
  2. macOSにおけるPerlのインストール
  3. Unix/LinuxにおけるPerlのインストール

WindowsにおけるPerlのインストール

PerlはUnix/Linux生まれの言語ですが、Windowsを使っている人も簡単にPerlをインストールすることができます。3種類の方法を紹介します。

Strawberry Perlのインストール

Strawberry Perl(ストロベリーパール)は、WindowsでPerlを使えるように設定されたPerlのひとつです。Linux環境に近い形でPerlが利用できるので、まずはこれがお勧めです。

Strawberry Perl(ストロベリーパール)をWindowsにインストールする

ActivePerlのインストール

ActivePerlも、WindowsでPerlを使えるように設定されたPerlのひとつです。ExcelなどのWindowsアプリと連携したり、GUIの画面を作ったりしたい場合は、これがおすすめです。

ActivePerlをWindowsにインストールする

msys2をWindowsにインストールしてPerlを使う

msys2はWindows上に完全なLinux環境を再現できるツールです。

たとえば、Windowsでは、プロセス間通信に関する機能が通常ではうまく動きませんが、msys2上であればうまく動きます。

これによって、Mojoliciousの開発Webサーバーなど、プロセス間通信に依存するモジュールが問題なく動きます。

Web開発をWindowsで体験してみたい場合は、お勧めの方法です。

msys2をWindowsにインストールしてPerlを使う

macOSにおけるPerlのインストール

ITエンジニアといえばmacOSというくらいに、開発者はmacOS所有率が高しです。

macOSにはPerlが標準でインストールされていますが、ユーザー環境に最新のPerlをインストールすることもできたりします。

ユーザー環境にPerlがインストールできるとシステム環境を汚さなくっても済むのでお勧めの方法でもあります。

次の記事では、macOSへのPerlのインストール方法を解説しています。

macOSへのPerlのインストール

Unix/LinuxにおけるPerlのインストール

Perlで作ったWebサイトを公開する場合は、最終的にはUnix/Linuxのサーバーに配置することになります。

Perlに慣れてくると開発環境をUnix/Linuxそのものにしたほうが開発効率が良くなることでしょう。

本番環境と同じ環境で開発をしたほうが、本番環境と開発環境のずれがなくって、やりやすいということもあります。

次の記事では、Unix/LinuxにおけるPerlのインストール方法を解説していますので参考にしてください。

Unix/LinuxへのPerlのインストール

  • Perlとはテキスト処理の記述性とパフォーマンスに優れ、正規表現が言語に組み込まれているプログラミング言語です。
  • Linuxサーバーでのフィルタリングプログラム、複数行の文字列を処理、ファイル内容の検索・置換などが得意
  • Perlはgitopensslなど広く普及したUnix/Linuxミドルウェアの補助ツールとして採用実績あり。後方互換性とポータビリティの高さがひとつの理由と推測。
  • 大量のテキストを扱うWeb開発も得意。ロングテールSEOを意識したWebサイト、アドテクやソーシャルゲームでの50ms以内のJSONの生成など。