Perlゼミ

  1. Perl
  2. オブジェクト指向
  3. 構文
  4. package

クラスの作成 - package

クラスを作成方法を解説します。

1. クラスを作成するにはパッケージ宣言を行う。

Perlではクラスを作る特別な構文はありません。パッケージ宣言をすることでクラスを作成します。

package Book;

これで、Bookクラスが出来上がります。

2. クラスの雛形 コンストラクタとアクセッサ

もの型クラスの場合の雛形はこんな感じです。オブジェクトを作成するためのコンストラクタとオブジェクトのフィールドにアクセスするためのアクセッサから構成されます。

package Book;

sub new { # コンストラクタの実装 }

sub title { # アクセッサの実装 }
sub author { # アクセッサの実装 }

ひと型クラスの場合はこんな感じです。

package FileParser;

sub new { # コンストラクタの実装 }

sub encoding { # アクセッサの実装 }
sub err_raise { # アクセッサの実装 }

sub parse {
  # ファイルを解析するメソッドの実装
}

この形からクラスはスタートします。では、次回はコンストラクタの実装を解説します。

Perlの書籍
  • 業務に役立つPerl

    ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
    この私、Perlゼミの作者が執筆しています。
    ご購入、口コミ歓迎。
  • Perlの書籍 »
自己紹介
木本裕紀

「今日も元気だ、Perlで元気。
ゆとりあるITエンジニアライフのために
Perl情報を前向きに発信中!」

Twitter
フォロー、いいね、リツート、コメント歓迎

Youtube

チャンネル登録、いいね、コメント歓迎

kimoto.yuki@gmail.com
応援メッセージ、質問、間違い報告歓迎

木本システム株式会社
ご紹介キャンペーン実施中です。契約金額の10%をご紹介料としてお支払い。

(例)30万円のシステム開発委託契約が、1年続いたら、36万円がもらえる!!!