Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 構文
  3. here

Perlにおける真偽値

Perlにおける真偽値を解説します。Perlにおける偽値は次の五つです。

1 undef 未定義値
2 "" 空文字列
3 0 0
4 "0" 文字列の0

Perlにおける真値は上記以外すべてです。

未定義値、数値の0、空の文字列、0と等しい文字列、空のリストだけが偽値になります。

真になる値の例

# 1
1;

# 文字列
"Hellow"

# オブジェクト
my $obj = Point->new;

# 文字列の"0.0"
"0.0"

"0.0"は、数値としては0と等しいが、真として扱われます。

サンプルプログラム

真偽値のサンプルです。

# 真偽値のサンプル
my $var;        # 偽。定義した直後の変数はundef
$var = undef;   # 偽。

$var = 0;       # 偽。
$var = 0.0      # 数値で0と等価なものは偽。
$var = 1;       # 真。

$var = '';      # 偽
$var = '0';     # 偽。
$var = '0.0'    # 真。文字列の場合は'0'と''以外は真。

真偽値は、if文でよく利用されます。if文による条件分岐については以下の記事をごらんください。

Giblog