Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. モジュール
  3. here

Math::Trig - さまざまな三角関数

三角関数関連の関数は標準関数としては、cos関数sin関数しかありませんが、標準モジュールにMath::Trigという三角関数関連のモジュールがあります。簡単に内容を紹介します。

三角関数の逆数

逆数とは、分母と分子を入れ替えた数のことです。逆関数とは意味がことなるので注意しましょう。sin,cos,tanの逆数をそれぞれ、cosec( コセカント ), sec( セカント ), cot( コタンジェント )と呼びます。

Math::Trigモジュールで、cosec関数、sec関数、cot関数を使用することができます。

  意味
cosec 1/sin
sec 1/cos
cot 1/tan

三角関数の逆関数

逆関数とは、y = f( x ) という関係が成り立つときに、x = g( y ) を満たすような g のことです。y = f( x ) は、x に対して f を作用させると yになると読みます。 x = g( y ) は、y に g を作用させると x になると読みます。

つまり、 x にfを作用させて、さらにgを作用させたときに x に戻るような g を f の逆関数と呼びます。記号で書くと

x = g( f( x ) )

を満たすような g が存在するとき g を f の逆関数と呼びます。

sin,cos,tanの逆関数をそれぞれ、asin(アークサイン), acos(アークコサイン), atan(アークタンジェント)と呼びます。

Math::Trigモジュールの、asin関数、acos関数、atan関数を使用することができます。

  意味
asin sinの逆関数
acos cosの逆関数
atan tanの逆関数
Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング