Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl

morboをWindowsで動かすツール - winmorbo

Mojolicious開発サーバー「morbo」をWindowsでうまく動作させるツールwinmorboをリリースしました。

winmorbo

Windowsでは、Mojolicious開発サーバーmorboはうまく動きません。なぜなら、ワーカープロセスは親TERMシグナルをうまく受信できないからです。

このため、Windows上では、Web開発は、とても面倒なものになります。

Windowsでmorboをうまく動作させるため、Mojo::Server::Morboを簡単な方法でハックしました。

winmorboのインストール方法

winmorbo.batのダウンロード

まず、Mojoliciousプロジェクトディレクトリにwinmorb.batをダウンロードします。

winmorbo - Github

GitHubでwinmorbo.batをクリックし、Rawボタンをクリックしてwinmorbo.batをダウンロードします。

winmorbo.batを実行

Mojoliciousアプリケーションを実行するには以下のコマンドを実行します。

Windowsバッチファイルなので、.bat拡張子は指定する必要はありません。

このサンプルでは、Mojoliciousアプリケーションはapp.plです。

    winmorbo app.pl

ウィンドウが開いて次の画面がでれば成功です。

    C:\Users\kimot\labo>cmd /C perl -x -S winmorbo app.pl
    Server available at http://127.0.0.1:3000

これでファイルを変更するたびに、自動的にmorboサーバーが再起動するようになります。

よくある質問

"Can't opendir(templates)"エラーが表示されます

これは、Windowsのユーザーディレクトリに「Templates」ディレクトリがあるためです。

Mojoliciousもは「templates」ディレクトリも使用します。

この問題を解決するには、ひとつディレクトリを作成します(例:labo)。

    cd C:\Users\kimot
    mkdir labo
    cd labo

そして、laboディレクトリの中にapp.plを作成しましょう。