Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 日付・時刻

Perlで日付・時刻を扱う

Perlでの「日付・時刻」の扱いをまとめました。

Perl 5.10以降がインストールされている場合は、日付・時刻を扱う標準モジュールTime::Pieceが標準で添付されています。まず最初にこちらを試してみるのがお勧めです。

Time::Pieceよりも日付・時刻を厳密に扱いたい場合は、DataTimeモジュールがcpanからインストールできます。

大規模な処理になってくる場合、日付・時刻処理がボトルネックになってくることもあるかと思います。そのような場合は、パフォーマンスの優秀なTime::Momentモジュールを使うこともできます。

日付・時刻を扱う標準関数

特別な日付

時刻の計算

  • Perlとはテキスト処理の記述性とパフォーマンスに優れ、正規表現が言語に組み込まれているプログラミング言語です。
  • Linuxサーバーでのフィルタリングプログラム、複数行の文字列を処理、ファイル内容の検索・置換などが得意
  • Perlはgitopensslなど広く普及したUnix/Linuxミドルウェアの補助ツールとして採用実績あり。後方互換性とポータビリティの高さがひとつの理由と推測。
  • 大量のテキストを扱うWeb開発も得意。ロングテールSEOを意識したWebサイト、アドテクやソーシャルゲームでの50ms以内のJSONの生成など。