Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl

GitPrep 2.0 リリース - プルリクエストのサポートなど、大幅に機能が強化

GitHubのポータブルなクローンGitPrep 2.0を、2016年5月7日にリリースしました。GitPrepは、CGIと組み込みサーバーで起動でき、GitPrep 2.0は、GitPrepのメジャーバージョンアップです。待望のプルリクエスト機能が追加されました。その他、多くの機能強化が含まれています。

GitPrep

  • メールアドレスのサポート。ユーザーをメールアドレスで識別できるようになりました。
  • ユーザーIDに加えて、ユーザー名を設定できるようになりました。
  • データベースのテーブルの大幅な内部改善が行われており、一貫性が増しました。
  • プロジェクト単位で、エンコーディングの設定、diffの結果で、空白を無視するのオプションの設定が可能になりました。設定ファイルに指定している場合は、各プロジェクトで設定してください。
  • リバースプロキスのために利用されるヘッダは、X-Forwarded-HTTPSからX-Forwarded-Protoに変更されました。
  • 必要な一時ファイルは、gitprep内のディレクトリに作成されるようになりました。/tmpに依存しません。

=====

GitPrepのイメージとサンプル

GitPrepのイメージです。

[f:id:perlcodesample:20160507145758p:image]

GitPrepのサンプルURLです。これは、さくらレンタルサーバーにおいてCGIで実行しているものです。アクセスすると、GitPrepの使い心地を試してみることができます。SSLにも対応しています。

GitPrepのサンプル

互換性のない変更

GitPrepの、必要なPerlのバージョンが5.8.7から5.10.1にあがりました。最新版のMojoliciousを利用するようにしているので、古いMojoliciousが、潜在的に抱えていたセキュリティ問題も、解決されています。

cygwinの公式なサポートを落としました。理論的には利用可能ですが、公式に動作をチェックすることはしなくなります。近い将来Windows10において、bash上でperlがサポートされますので、こちらでの利用を勧めていきたいと思います。

GitPrep 1.0からのアップロードする場合

Perlのバージョンが5.8の場合は、perlbrewを使って、新しいバージョンのPerlをインストールしてください。

curl -L http://install.perlbrew.pl | bash
echo "source ~/perl5/perlbrew/etc/bashrc" >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

perlbrew install perl-5.16.3
perlbrew switch perl-5.16.3
perl -v

クリーンインストールを行うために、一度extlibディレクトリを削除してください。

cd gitprep
rm -rf extlib

GitPrepのインストール

ここからは、始めて利用する方も、アップグレードする方もほぼ同じ手順になります。

モジュールのセットアップを行います。

./setup_module

モジュールが正しくインストールされているかチェックします。

prove t

次にGitPrepを1.0からバージョンアップする方は、データベースのアップグレード作業を行う必要があります。

# 安全のために、gitprepのディレクトリをバックアップ
cd ..
cp -rp gitprep gitprep.bak

# データベースのアップグレード
cd gitprep
mv data/gitprep.db data/gitprep_v1bak.db
./setup_database
old/copy_database_v1_to_v2 data/gitprep_v1bak.db data/gitprep.db

GitPrep 2.0を始めて使う方は、次のコマンドを実行します。

./setup_database

GitPrepの利用にはgitがインストールされていることが必要です。もし、ローカルのディレクトリに自分でgitをインストールしている場合は、gitprep.confでgitの場所を指定する必要があります。

[basic]
;;; Git command path
git_bin=/home/yourname/local/bin/git

GitPrepを利用するための手順はこれだけです。インストールがとても簡単にできるように工夫されています。

GitPrepの開始と終了

次のコマンドでGitPrepを開始することができます。

./gitprep

次のURLでGitPrepにアクセスすることができます。

http://localhost:10020

次のコマンドでGitPrepを終了することができます。

./gitprep --stop

GitPrepプロジェクトからのお願い

GitPrepは、オープンソースのプロジェクトです。GitHubと同等の機能を、オープンソース上で実現することを目指して開発が続けられています。もし今GitPrepを使っておられる方がおられましたら、ぜひGitPrep2.0のリリースを、知り合いの方に、お知らせしてほしいです。企業や、コミュニティ、学校の知り合いなどで、GitHubの機能を簡単にインストールして、自前のサーバーで運用したいという方がおられましたら、GitPrepの情報を一度お伝えください。

オープンソースの作者にとっては、作成した作品を多くの人に使っていただけるのが、ひとつの喜びです。賛同いただけましたら、Twitterでの紹介や、はてなブックマークなども、よろしくお願いします。

今後は、1年以内に、イシューのシステムとWikiのシステムを追加することが目標です。GitHub上で、スターをつけていただけるとありがたいです。ご支援お願いします。

GitPrep

Giblog