Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl

Perlコア開発メンバーの紹介 - ファザー・クリュソストモス(Father Chrysostomos)さん

Perlのコア開発メンバーを少しづつ紹介していきたいと思います。正式にはPerlポーターズというのですが、わかりにくいので、Perlコア開発メンバーと呼びます。まずはファザー・クリュソストモス(Father Chrysostomos)さんです。

Father Chrysostomos

もっとも活発に、Perlコアのソースコードをばりばりと書いている方です。あれだけ複雑なPerlのソースコードのリファクタリングを、いとも簡単なように、進めているのは、すごいです。

Perlのソースコードをシンプルでわかりやすいものにするコミットが多いです。また、新機能の追加の実装は、彼が行うことが多いように感じます。

Perlコアの実装を担当する中心的なメンバーのひとりです。

  • Perlとはテキスト処理の記述性とパフォーマンスに優れ、正規表現が言語に組み込まれているプログラミング言語です。
  • Linuxサーバーでのフィルタリングプログラム、複数行の文字列を処理、ファイル内容の検索・置換などが得意
  • Perlはgitopensslなど広く普及したUnix/Linuxミドルウェアの補助ツールとして採用実績あり。後方互換性とポータビリティの高さがひとつの理由と推測。
  • 大量のテキストを扱うWeb開発も得意。ロングテールSEOを意識したWebサイト、アドテクやソーシャルゲームでの50ms以内のJSONの生成など。