Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl

Perl自体をソースコードからコンパイルする方法

Perl自体をソースコードからコンパイルする方法。まず「git clone」でPerlのソースコードをとってくる。

git clone http://perl5.git.perl.org/perl.git

これは、現在の開発版の最新のブランチです。

次にREADMEの中に掲載されている次のコマンドを実行します。

./Configure -des -Dprefix=$HOME/localperl

リリース版だとこのコマンドでMakefileが生成されますが、開発版だと失敗するので次のコマンドを実行します。

./Configure -des -Dusedevel -Dprefix=$HOME/localperl

次にコンパイルです。makeコマンドを実行します。

make

次にテストです。

make test

最後にインストール。「$HOME/localperl」にインストールされます。

make install

最近僕は、Perlのソースコードをちょっとさわったりするのですが、変更を加えた後に、makeとmake testを走らせるというのは、ちょっと現実的ではない。これは、モジュールの試験も含めて全部やってしまう。

そこで、最小限のPerlをコンパイルしたり、最小限のテストを実行する方法が用意されています。

次のコマンドで、miniperlと呼ばれる小さなPerlをコンパイルできます。

make miniperl

次のコマンドで、小さなテストを走らせることができます。

make minitest
  • Perlとはテキスト処理の記述性とパフォーマンスに優れ、正規表現が言語に組み込まれているプログラミング言語です。
  • Linuxサーバーでのフィルタリングプログラム、複数行の文字列を処理、ファイル内容の検索・置換などが得意
  • Perlはgitopensslなど広く普及したUnix/Linuxミドルウェアの補助ツールとして採用実績あり。後方互換性とポータビリティの高さがひとつの理由と推測。
  • 大量のテキストを扱うWeb開発も得意。ロングテールSEOを意識したWebサイト、アドテクやソーシャルゲームでの50ms以内のJSONの生成など。