Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 正規表現
  3. here

ワード文字の区切りを表現する - \b

ワード文字の区切りは\bという正規表現文字をを使います。

\b

\bは区切り文字を表現します。区切り文字とは、ワード文字と空白文字の境界です。"ab cd" であれば、/\bcd/ で、 ' 'とcの間の0文字を表現できます。

ワード文字とは、英数字とアンダーバーのことです。空白文字とは、\s で表される文字のことで、スペース、タブ、改行です。

サンプル

ワード文字の区切りを使ったサンプルです。

use strict;
use warnings;

# ワード文字の区切りを表現する。 \b
# ( ワード文字とは、英数字とアンダーバーからなる文字のこと )

my $word_space = "ab cd ef";
my $word = "abcd ef";

print "1: ワード文字列の区切りを表\現する\n";
if ($word_space =~ /ab\b/ && $word !~ /ab\b/) {
  print "/ab\\b/ は、 'ab cd ef' にマッチしますが、" .
    "'abcd ef'にはマッチしません。\n\n";
}

if ($word_space =~ /\bcd\b/ && $word !~ /\bab\b/) {
  print "/\\bcd\\b/ は、 'ab cd ef' にマッチしますが、" .
    " 'abcd ef'にはマッチしません。\n";
}
Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング