Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 構文
  3. コンテキスト
  4. here

リストコンテキスト

Perlにはコンテキストと呼ばれる概念があり、リストとして評価される文脈をリストコンテキストといいます。

配列への代入

配列への代入はリストコンテキストです。

my @values2 = @values;

リスト

リストの内側はリストコンテキストです。

(@values);

無名配列生成子

無名配列生成子の内側はリストコンテキストです。

[@values];

無名ハッシュ生成子

無名ハッシュ生成子の内側はリストコンテキストです。

{@values};

自動的に展開されて、気が付きにくい場所ですので、注意してください。

サブルーチンの引数

サブルーチンの引数は、リストコンテキストです。

func(@values);

自動的に展開されて、気が付きにくい場所ですので、注意してください。