Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 構文
  3. コンテキスト
  4. here

リストコンテキスト

Perlにはコンテキストと呼ばれる概念があり、リストとして評価される文脈をリストコンテキストといいます。

配列への代入

配列への代入はリストコンテキストです。

my @values2 = @values;

リスト

リストの内側はリストコンテキストです。

(@values);

無名配列生成子

無名配列生成子の内側はリストコンテキストです。

[@values];

無名ハッシュ生成子

無名ハッシュ生成子の内側はリストコンテキストです。

{@values};

自動的に展開されて、気が付きにくい場所ですので、注意してください。

サブルーチンの引数

サブルーチンの引数は、リストコンテキストです。

func(@values);

自動的に展開されて、気が付きにくい場所ですので、注意してください。

  • Perlとはテキスト処理の記述性とパフォーマンスに優れ、正規表現が言語に組み込まれているプログラミング言語です。
  • Linuxサーバーでのフィルタリングプログラム、複数行の文字列を処理、ファイル内容の検索・置換などが得意
  • Perlはgitopensslなど広く普及したUnix/Linuxミドルウェアの補助ツールとして採用実績あり。後方互換性とポータビリティの高さがひとつの理由と推測。
  • 大量のテキストを扱うWeb開発も得意。ロングテールSEOを意識したWebサイト、アドテクやソーシャルゲームでの50ms以内のJSONの生成など。