Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl

処理にかかっている時間を調べる

バッチ処理のプログラムなどを作っているときに、処理の開始から処理の終了まで、どれくらいかかったのかということを知りたい場合などがよくあります。

大きなzipファイルをダウンロードしたり、大量のデータをデータベースなどに挿入している場合は、どれくらいかかっているのかということを知りたいですね。

このような場合は、処理の開始時間と狩猟時間をtime関数を使って取得して、処理にかかった時間を計算します。

# 開始時間
my $start_time = time;

# 処理
...

# 終了時間
my $end_time = time;

# 経過秒数
my $process_time = $end_time - $start_time;

print "$process_time\n";

終了時間から開始時間を引き算すると、処理にかかった時間を計算できます。

Giblog