Perlゼミ

正規表現の囲み文字を変更する - m//

Perlでは正規表現の囲み文字を変更することができます。

正規表現はパターンマッチ演算子を組み合わせて以下のように書くことができましたね。

$string =~ /cat/

でもここで、たとえば、URLのパスにマッチさせたい場合を考えてみてください。スラッシュをエスケープして次のように書けます。

$string =~ /\/foo\/bar\/baz/

ちょっと読みずらくないですか。Perlではこんな場合、正規表現の囲み文字「/」を別の囲み文字に変える方法があります。次のように書きます。

$string =~ m|/foo/bar/baz|

先頭に「m」を付けて、囲み文字を別のものに変更します。以下の組み合わせなどが囲み文字としてつかえます。

m|正規表現|
m#正規表現#
m!正規表現!

sを使って置換をする場合も同じように利用できます。

s|正規表現|置換後の文字列|
s#正規表現#置換後の文字列#
s!正規表現!置換後の文字列!
Perlの書籍
  • 業務に役立つPerl

    ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
    この私、Perlゼミの作者が執筆しています。
    ご購入、口コミ歓迎。
  • Perlの書籍 »
自己紹介
木本裕紀

「今日も元気だ、Perlで元気。
ゆとりあるITエンジニアライフのために
Perl情報を前向きに発信中!」

Twitter
フォロー、いいね、リツート、コメント歓迎

Youtube

チャンネル登録、いいね、コメント歓迎

kimoto.yuki@gmail.com
応援メッセージ、質問、間違い報告歓迎

木本システム株式会社
ご紹介キャンペーン実施中です。契約金額の10%をご紹介料としてお支払い。

(例)30万円のシステム開発委託契約が、1年続いたら、36万円がもらえる!!!