Perlゼミ

SPMVの言語仕様策定までの道程表

SPVMの実装と言語仕様を作成している。SPVMはPerlに静的言語の機能を組み込むプロジェクトだ。Perlで数値計算を行うことができるようになることが目標だ。

SPVM言語仕様

実装できていない部分

実装状況は80%くらい。残りの部分は次の部分。

パッケージ変数

パッケージ変数を今まで実装していなかったのだが、最初から最後まで存在する変数がないと、キャッシュの実装ができないという結論になったので、実装する。

イミュータブルなオブジェクトを作成するためのprivate属性

Javaの言語実装を調べていると、StringやIntegerやDoubleなど、イミュータブルなオブジェクトを実装する必要があるという結論になった。フィールドがprivateで、そのクラスからだけしかアクセスできないようにすると、イミュータブルなオブジェクトができる。

だから、private属性を実装する必要がある。

String型

現在はバイトの配列型はあるのだけれど、String型がない。String型が必須なのは、String型を実装して、ハッシュ値を返すメソッドを実装しないと、HashMapなどを実装できないからだ。

バイト配列だけでもいいかなと最初思ったけれど、String型を実装しないとポリモーフィズムが実現できなそう。

Object型

すべてのオブジェクト型を渡せるObject型を実装しないと、ポリモーフィズムが実現できなさそうなので、実装する。

可変長配列を受け取れるサブルーチン

可変長配列とObject型を実装しないとsprintfのような関数を作成できないので、可変長配列を受け取れるサブルーチンを実装する。

Perlの書籍
  • 業務に役立つPerl

    ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
    この私、Perlゼミの作者が執筆しています。
    ご購入、口コミ歓迎。
  • Perlの書籍 »
自己紹介
木本裕紀

「今日も元気だ、Perlで元気。
ゆとりあるITエンジニアライフのために
Perl情報を前向きに発信中!」

Twitter
フォロー、いいね、リツート、コメント歓迎

Youtube

チャンネル登録、いいね、コメント歓迎

kimoto.yuki@gmail.com
応援メッセージ、質問、間違い報告歓迎

木本システム株式会社
ご紹介キャンペーン実施中です。契約金額の10%をご紹介料としてお支払い。

(例)30万円のシステム開発委託契約が、1年続いたら、36万円がもらえる!!!