Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 構文
  3. here

continueブロック - 条件が再評価される直前に実行

continueブロックを使うと、条件分が再評価される直前に実行されるブロックを定義することができます。以下のように記述すると、次の条件に移行する前の処理を書くことができます。

while (条件) {
  ...
} continue {
  ...
}

この構文を使わなくても、あらゆるループ処理を書けるので、使わないのが賢明です。

詳細な解説はcontine構文の公式ドキュメントをご覧ください。

C言語やJavaのcontinueに該当する構文はPerlにはないの?

C言語やJavaのcontinue文は、次のループの先頭に進むことができますが、この構文はPerlではnext文を使って行います。next文については、以下の解説を参考にしてください。

  • Perlとはテキスト処理の記述性とパフォーマンスに優れ、正規表現が言語に組み込まれているプログラミング言語です。
  • Linuxサーバーでのフィルタリングプログラム、複数行の文字列を処理、ファイル内容の検索・置換などが得意
  • Perlはgitopensslなど広く普及したUnix/Linuxミドルウェアの補助ツールとして採用実績あり。後方互換性とポータビリティの高さがひとつの理由と推測。
  • 大量のテキストを扱うWeb開発も得意。ロングテールSEOを意識したWebサイト、アドテクやソーシャルゲームでの50ms以内のJSONの生成など。