Perlゼミ

  1. Perl
  2. 構文
  3. here

continueブロック - 条件が再評価される直前に実行

continueブロックを使うと、条件分が再評価される直前に実行されるブロックを定義することができます。以下のようにwhile文の後ろにcontinueブロック記述すると、次の条件に移行する前の処理を書くことができます。

while (条件) {
  ...
} continue {
  ...
}

この構文を使わなくても、あらゆるループ処理を書けるので、使わないのが賢明です。

詳細な解説はcontine構文の公式ドキュメントをご覧ください。

C言語やJavaのcontinueに該当する構文はPerlにはないの?

C言語やJavaのcontinue文は、次のループの先頭に進むことができますが、この構文はPerlではnext文を使って行います。next文については、以下の解説を参考にしてください。

Perlの書籍
  • 業務に役立つPerl

    ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
    この私、Perlゼミの作者が執筆しています。
    ご購入、口コミ歓迎。
  • Perlの書籍 »
自己紹介
木本裕紀

「今日も元気だ、Perlで元気。
ゆとりあるITエンジニアライフのために
Perl情報を前向きに発信中!」

Twitter
フォロー、いいね、リツート、コメント歓迎

Youtube

チャンネル登録、いいね、コメント歓迎

kimoto.yuki@gmail.com
応援メッセージ、質問、間違い報告歓迎

木本システム株式会社
ご紹介キャンペーン実施中です。契約金額の10%をご紹介料としてお支払い。

(例)30万円のシステム開発委託契約が、1年続いたら、36万円がもらえる!!!