Perlゼミ

  1. Perl
  2. 構文
  3. here

redo文 - 繰り返しの先頭に戻る

redo文を使うと繰り返しの先頭に戻ることができます。

redo

redoを使ったサンプルプログラムです。今いるループの先頭に戻っています。

use strict;
use warnings;

my @nums = (1, 2, 3);

while (1) {
  my $num = pop @nums;
  print "$num\n";
  
  if (@nums) {
    redo;
  }
  else {
    last;
  }
}

redoは非推奨の構文です

Perlの現代的な記述方法にも書いていますが、redo文は、お勧めしない記述方法です。

理由は、while文, for文, last文, next文、if文があれば、あらゆる繰り返しと条件分岐が書けるので、redoを積極的に利用する理由がないからです。redoは、Perl独自の構文で、見慣れないものですし、ソースコードの見通しがよくなるというわけでもありません。

関連情報

redoのようにループを制御する構文としてnext文last文があります。

next文を使うとループの先頭にジャンプできる

next文を使うと、次のループの先頭に移動することができます。

next

next文については、以下の記事を参考にしてください。

last文を使うとループを脱出できる

last文を使うと、ループを抜けることができます。

last

last文については、以下の記事を参考にしてください。

Perlの書籍
  • 業務に役立つPerl

    ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
    この私、Perlゼミの作者が執筆しています。
    ご購入、口コミ歓迎。
  • Perlの書籍 »
自己紹介
木本裕紀

「今日も元気だ、Perlで元気。
ゆとりあるITエンジニアライフのために
Perl情報を前向きに発信中!」

Twitter
フォロー、いいね、リツート、コメント歓迎

Youtube

チャンネル登録、いいね、コメント歓迎

kimoto.yuki@gmail.com
応援メッセージ、質問、間違い報告歓迎

木本システム株式会社
ご紹介キャンペーン実施中です。契約金額の10%をご紹介料としてお支払い。

(例)30万円のシステム開発委託契約が、1年続いたら、36万円がもらえる!!!