Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl

Validator::Custom::Validation - バリデーションの結果

名前

Validator::Custom::Validation - バリデーションの結果

使い方

  my $validation = $vc->validation;
  
  $validation->add_failed(title => 'title is invalid');
  $validation->add_failed(name => 'name is invalid');
  
  # 正しいか
  my $is_valid = $validation->is_valid;
  my $title_is_valid = $validation->is_valid('title');
  
  # 失敗したパラメーターの名前
  my $failed = $validation->failed;
  
  # メッセージ
  my $messages = $validation->messages;
  my $title_message = $validation->message('title');
  my $messages_h = $validation->messages_to_hash;

=====

メソッド

Validator::Custom::ValidationはObject::Simpleからすべてのメソッドを継承しており、次の新しいメソッドを実装しています。

new

  my $validation = Validator::Custom::Validation->new;

新しいValidator::Custom::Validationオブジェクトを生成します。

一般的にはこのメソッドは利用されません。Validator::Customvalidationメソッドを使うのがよいでしょう。

  my $validation = $vc->validation;

is_valid

  my $is_valid = $validation->is_valid;
  my $is_valid = $validation->is_valid('title');

バリデーションの結果が正しいかどうかをチェックします。もし名前が与えられた場合は、その名前に対応するパラメータが正しいかどうかをチェックします。

add_failed

  $validation->add_failed('title' => 'title is invalid value');
  $validation->add_failed('title');

失敗したパラメーターの名前とメッセージを追加します。もし、メッセージが省略されれば、デフォルトのメッセージが自動的に設定されます。

failed

  my $failed = $validation->failed;

すべての失敗したパラメーターの名前を取得します。

message

  my $message = $validation->message('title');

名前に対応する失敗のメッセージを取得します。

messages

  my $messgaes = $validation->messages;

すべての失敗メッセージを取得します。

messages_to_hash

  my $messages_h = $validation->messages_to_hash;

すべての失敗したパラメーター名とメッセージを、ハッシュリファレンスとして取得します。

Giblog