Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl

データの種類を覚えよう | Rstats入門(統計解析・科学技術計算)

Rstatsで利用できるデータ型を覚えましょう。Rstatsの型は、R言語の型と同じです。

NULL - 何もない

何もないということを表現するのにNULLを使用します。配列の初期化やnames属性などの属性を取り除くときに利用できます。

NULL

欠損値 NA

欠損値はNAで表現します。NAというのはデータの欠損を表します。

NA

非数 - NaN, Inf(不動少数点演算のみ)

NaNは、NAと名前はにていますがまったく異なるものです。NaN不動少数点の演算において、数として表現できないことを意味します。

NaN

たとえば、「0/0」という演算の結果は、数として表現できないので、「NaN」になります。

また、浮動小数点の演算が、無限大として表現できる場合は「Inf」が返ります。

=====

Inf

たとえば「1/0」という演算の結果は「Inf」になります。

文字列

文字列を作成するには、Perlの文字列を「c_」関数の引数に指定します。

c_("abc");

数値

数値を作成するには、Perlの数値を「c_」関数の引数に指定します。

c_(34.4);

複素数

複素数を表現するにはi_を使用します。たとえば「1+2i」という複素数を表現するには「i_」関数を使って次のようにします。

1 + 2*i_

数値の「1」と複素数「1 + 0*i_」は異なるので注意してください。

論理値

論理地は「TRUE」と「FALSE」で表現します。

# 真
TRUE

# 偽
FALSE

省略形としてT_F_を使うこともできます。

# 真
T_

# 偽
F_

日付(実装未)

日付型が存在しますが、現在は、未実装です。


Rstats入門(統計解析・科学技術計算)

Giblog