Perlゼミ

Perlでテキスト処理、Linuxサーバー管理、Webシステム開発
  1. Perl
  2. データベース
  3. here

DBD::Oracleをインストール

(CentOS5.5, CentOS5.7で確認)

PerlモジュールのDBD::Oracleをインストールしたのでメモ。

DBD::Oracleをインストールするためには以下のライブラリが必要でした。

oracle-instantclient11.2-basic-11.2.0.2.0.i386.rpm
oracle-instantclient11.2-devel-11.2.0.2.0.i386.rpm
oracle-instantclient11.2-sqlplus-11.2.0.2.0.i386.rpm

Oracleのサイトからダウンロードできますが、ユーザー登録が必要になります。

次にこれらのrpmパッケージをインストールします。

rpm -hiv oracle-instantclient11.2-basic-11.2.0.2.0.i386.rpm
rpm -hiv oracle-instantclient11.2-devel-11.2.0.2.0.i386.rpm
rpm -hiv oracle-instantclient11.2-sqlplus-11.2.0.2.0.i386.rpm

次に必要な環境変数の設定を行います。

vi /etc/profile.d/oracle.sh

上記の空のファイルに以下の設定を追加します。

export ORACLE_HOME='/usr/lib/oracle/11.2/client'
export C_INCLUDE_PATH='/usr/include/oracle/11.2/client'
export LD_LIBRARY_PATH='/usr/lib/oracle/11.2/client/lib'

次にライブラリの設定を行います。

vi /etc/ld.so.conf.d/oracle.conf

上記の空のファイルに以下の項目を追加します。

/usr/lib/oracle/11.2/client/lib

この状態で環境変数を反映させるために端末を立ち上げなおしてください。

後はcpanコマンドでインストールするだけです。

cpan DBD::Oracle
Perlの入門書
  • 初めてのPerl 第7版

    Perl入門 定番の一冊
  • 業務に役立つPerl

    ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
Twitter
Perlゼミの情報が役立ったら、フォロー、いいね、リツートで応援。