Perlゼミ

  1. Perl
  2. 標準関数
  3. here

warn関数 - 警告を出力する

警告を出力するにはwarn関数を使用します。メッセージの末尾には警告が出力された行番号が自動的に追加されます。行番号を表示させないようにするには末尾を改行で終えます。

# 警告を出力する

# 行番号あり
warn $message;

# 行番号なし
warn "$message\n";

実際にwarnが行っていることは標準エラー出力にメッセージを出力することです。行番号が含まれていることと「__WANR__」シグナルを発生させることを除いて次のprint文と同じです。警告を意味しない場合でも標準エラー出力にメッセージを出力したい場合にはwarnが利用されることがあります。

# warnの意味は標準エラー出力への出力とほぼ同じ
perl STDERR $message;

警告をキャッチする

警告をキャッチすることができます。warnが実行されると__WARN__シグナルが発生するのでこれをシグナルハンドラでキャッチします。

# 警告のキャッチ

$SIG{__WARN__} = sub {
    # 実行したい処理
};

warn "warning!";
Perlの書籍
  • 業務に役立つPerl

    ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
    この私、Perlゼミの作者が執筆しています。
    ご購入、口コミ歓迎。
  • Perlの書籍 »
自己紹介
木本裕紀

「こっ、こしゃくな。
このPerオタクめ~!」

Twitter
フォロー、いいね、リツート、コメント歓迎

Youtube

チャンネル登録、いいね、コメント歓迎

kimoto.yuki@gmail.com
応援メッセージ、質問、間違い報告歓迎

木本システム株式会社
ご紹介キャンペーン実施中です。契約金額の10%をご紹介料としてお支払い。

(例)30万円のシステム開発委託契約が、1年続いたら、36万円がもらえる!!!