Perlゼミ

  1. Perl
  2. オブジェクト指向
  3. オブジェクトの中身

生成したオブジェクトをいじって遊ぶ

作成したオブジェクトをいじって遊んでみましょう。

1. オブジェクトをいじって遊ぶ

まずこんな感じで、$book オブジェクトを作成してみます。ここら辺で遊ぶと書いてあるところに、いろいろ記述して遊びます。

use strict;
use warnings;

my $book = Book->new;

#
# ここら辺で遊ぶ。
#

package Book;
sub new {
    my $class = shift;
    my $self = {};
    return bless $self, $class;
}

2. オブジェクトはデータだ!

オブジェクトはデータだということを確認してみましょう。

$book->{title} = 'Good news';
$book->{author} = 'Takeshi';

と書くと、普通のハッシュリファレンスと同じように値の設定ができることがわかると思います。

print $book->{title};

とすると、設定した内容が出力されます。

3. オブジェクトはクラスに結びつけられている!

オブジェクトはクラスに結び付けられているということを確認してみましょう。クラスの紐付けを見るには

ref

関数を使用します。

print ref $book;

としてみましょう。

Book

と出力されるのがわかると思います。そうです、ref関数を使用すれば、そのオブジェクトがどのクラスに紐付いているかがわかるのです。

Perlの書籍
  • 業務に役立つPerl

    ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
    この私、Perlゼミの作者が執筆しています。
    ご購入、口コミ歓迎。
  • Perlの書籍 »
自己紹介
木本裕紀

「こっ、こしゃくな。
このPerオタクめ~!」

Twitter
フォロー、いいね、リツート、コメント歓迎

Youtube

チャンネル登録、いいね、コメント歓迎

kimoto.yuki@gmail.com
応援メッセージ、質問、間違い報告歓迎

木本システム株式会社
ご紹介キャンペーン実施中です。契約金額の10%をご紹介料としてお支払い。

(例)30万円のシステム開発委託契約が、1年続いたら、36万円がもらえる!!!