Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. オブジェクト指向
  3. オブジェクトの中身

生成したオブジェクトをいじって遊ぶ

作成したオブジェクトをいじって遊んでみましょう。

1. オブジェクトをいじって遊ぶ

まずこんな感じで、$book オブジェクトを作成してみます。ここら辺で遊ぶと書いてあるところに、いろいろ記述して遊びます。

use strict;
use warnings;

my $book = Book->new;

#
# ここら辺で遊ぶ。
#

package Book;
sub new {
    my $class = shift;
    my $self = {};
    return bless $self, $class;
}

2. オブジェクトはデータだ!

オブジェクトはデータだということを確認してみましょう。

$book->{title} = 'Good news';
$book->{author} = 'Takeshi';

と書くと、普通のハッシュリファレンスと同じように値の設定ができることがわかると思います。

print $book->{title};

とすると、設定した内容が出力されます。

3. オブジェクトはクラスに結びつけられている!

オブジェクトはクラスに結び付けられているということを確認してみましょう。クラスの紐付けを見るには

ref

関数を使用します。

print ref $book;

としてみましょう。

Book

と出力されるのがわかると思います。そうです、ref関数を使用すれば、そのオブジェクトがどのクラスに紐付いているかがわかるのです。

Giblog