Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 数値
  3. here

三角関数を利用する

三角関数を利用するための関数やモジュールを紹介します。

サイン

サインを求めるには、sin関数を角度はπ(pi関数)を使って、弧度法で指定するのが簡単です。

use Math::Trig 'pi';

sin(pi/2);
cos(pi/3);

(参考)Math::Trig

コサイン

コサインを求めるにはcos関数を使います。

use Math::Trig 'pi';

cos(pi/3);

さまざまな三角関数

三角関数関連の関数は標準関数としては、cos関数とsin関数しかありませんが、標準モジュールにMath::Trigという三角関数関連のモジュールがあります。簡単に内容を紹介します。

タンジェント

タンジェントを求めるにはMath::Trigモジュールのtan関数を使います。

use Math::Trig qw/tan pi/;
tan(pi/4);

三角関数の逆数

逆数とは、分母と分子を入れ替えた数のことです。逆関数とは意味がことなるので注意しましょう。sin,cos,tanの逆数をそれぞれ、cosec( コセカント ), sec( セカント ), cot( コタンジェント )と呼びます。

Math::Trigモジュールで、cosec関数、sec関数、cot関数を使用することができます。

  意味
cosec 1/sin
sec 1/cos
cot 1/tan

三角関数の逆関数

逆関数とは、y = f( x ) という関係が成り立つときに、x = g( y ) を満たすような g のことです。y = f( x ) は、x に対して f を作用させると yになると読みます。 x = g( y ) は、y に g を作用させると x になると読みます。

つまり、 x にfを作用させて、さらにgを作用させたときに x に戻るような g を f の逆関数と呼びます。記号で書くと

x = g( f( x ) )

を満たすような g が存在するとき g を f の逆関数と呼びます。

sin,cos,tanの逆関数をそれぞれ、asin(アークサイン), acos(アークコサイン), atan(アークタンジェント)と呼びます。

Math::Trigモジュールの、asin関数、acos関数、atan関数を使用することができます。

  意味
asin sinの逆関数
acos cosの逆関数
atan tanの逆関数

サンプル

sin,cos,tanを求めるサンプルです。

use strict;
use warnings;
use Math::Trig qw/tan pi/;

# sin(90°) = 1;
print "sin(π/2) = " . sin(pi/2) . "\n";

# cos(60°) = 1/2;
print "cos(π/3) = " . cos(pi/3) . "\n";

# tan(45°) = 1;
print "tan(π/4) = " . tan(pi/4) . "\n";