Perlゼミ

  1. Perl
  2. 数値
  3. here

文字列が整数を表現しているかを判定する

文字列が整数を表現しているかを判定するには、正規表現を利用します。正規表現で最初から終わりまで数字でできているかどうかを判定します。

/^[0-9]+$/

整数であるかどうかを判定するには上記の正規表現に、先頭に+か-が指定されてもかまわないということを付け加えるだけです。

/^[+-]?[0-9]+$/

サンプル

変数が数値かどうかを判定するサンプルです。

use strict;
use warnings;

print "1: 文字列が正しい数値を表現しているかを判定する\n";

my $num1 = "345";
# 文字列が数字のみであるかどうかの判定
# 「先頭から数字がひとつ以上続いて末尾にいたる」と読む
if ($num1 =~ /^[0-9]+$/) {
  print "$num1は数字のみの文字列です。\n";
}

# 整数であるかどうかの判定
my $num2 = "-123";

# 「先頭に+か-があってもなくても良くて、その後に
# 数字がひとつ以上続いて末尾にいたる」と読む
if ($num2 =~ /^[+-]?[0-9]+$/) { 
  print "$num2は整数です。\n";
}
Perlの書籍
  • 初めてのPerl 第7版

    Perl入門 定番の一冊
  • 業務に役立つPerl

    ログ解析など日本語を含むテキスト処理の実践!
  • 詳説 正規表現

    正規表現の詳細な解説
  • Perlの書籍販売 14冊 »
自己紹介
木本裕紀(きもとゆうき)

Twitter

フォロー、いいね、リツート、コメント歓迎

Youtube

チャンネル登録、いいね、コメント歓迎
Perlの求人広告募集中