Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 構文
  3. オートロード

AUTOLOAD - サブルーチンのオートロード

Perlではサブルーチンが存在しなかった場合に呼び出されるAUTOLOADというサブルーチンを定義することができます。これをサブルーチンのオートロードと呼びます。

package MyModule;

aaaaiiiii( 1, 2 );

our $AUTOLOAD;
sub AUTOLOAD {
  # ...
}

our $AUROLOADを定義しておくと、呼び出された関数名を取得できます。

オートロードは何のために使うの

日常の仕事でプログラミングをするときは、オートロードを使う必要性はほとんどありません。また、モジュールを作成するときも、オートロードを積極的に使う理由はありません。

オートロードの呼び出しは、非常に遅く、代替的な手段がたいていの場合はあります。

アクセッサを作りたい場合は、evalで動的に生成したり、サブルーチンのリファレンス型グロブに代入する方法のほうが、パフォーマンス的にも優秀です。

Perlで、唯一オートロードでしか実現できない機能があります。それは、オブジェクトにメソッドを生やすということです。普段は使うことはないですが、フレームワークでこの機能を実現したいという場合は、唯一の手法になります。

サンプルプログラム

サブルーチンのオートロードのサンプルです。

use strict;
use warnings;

# AUTOLOAD サブルーチン
# ・定義しておくとサブルーチンの名前を発見できなかった場合に呼び出されます。

print "1: AUTOLOAD で、存在しない関数を呼び出す\n";

# どこにも定義していない関数を呼び出すと。
aaaaiiiii( 1, 2 );

# これが呼ばれます。
sub AUTOLOAD {

  # $AUROLOAD を定義しておくと、呼び出された関数名を取得できます。
  our $AUTOLOAD; 

  # 関数名と引数を受け取れます。
  my (@arg) = @_; 
  print "AUTOLOAD が呼び出されました。\n";
  print "呼び出そうとした関数は、 $AUTOLOAD です。\n";
  print "引数は、" . join(',', @arg) . "です。\n";
}
  • Perlとはテキスト処理の記述性とパフォーマンスに優れ、正規表現が言語に組み込まれているプログラミング言語です。
  • Linuxサーバーでのフィルタリングプログラム、複数行の文字列を処理、ファイル内容の検索・置換などが得意
  • Perlはgitopensslなど広く普及したUnix/Linuxミドルウェアの補助ツールとして採用実績あり。後方互換性とポータビリティの高さがひとつの理由と推測。
  • 大量のテキストを扱うWeb開発も得意。ロングテールSEOを意識したWebサイト、アドテクやソーシャルゲームでの50ms以内のJSONの生成など。