Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 標準関数
  3. here

index関数 - 文字の検索

index関数を使用すると文字列を検索することができます。

第1引数には検索対象の文字列、第2引数には検索したい文字列を指定します。第3引数には検索開始位置を指定することができます。省略した場合は文字列の最初から検索が行われます。見つかればその位置を、見つからなければ-1が返却されます。

my $pos = index($target, $str);

2回目に出現する文字を検索する

my $word_love_pos_second
  = index($message, 'love', $word_love_pos_first + 1);

indexの第3引数に、検索開始位置を指定することができる。1回目の検索で、発見した位置の次の位置を指定する。

検索した文字のすべての位置を取得する

{
  my @found_positions = ();
  my $found_posision = -1;
    
  while (1) { 
    $found_posision = index($message, 'love', $found_posision + 1);
    last if $found_posision == -1;
    push @found_positions, $found_posision;
  }
    
  print "見つかった位置: " . join(', ', @found_positions) . "\n";
}

while文で、戻り値が-1になるまで,index関数を繰り返す。

日本語を扱いたい場合

index関数で、日本語を正しく扱うには、文字列が内部文字列になっている必要があります。内部文字列については、以下の記事をご覧ください。

正規表現で検索する

文字列の検索は正規表現を使って行うこともできます。文字の位置ではなく、対象の文字列を指定したい場合は、正規表現を使いましょう。

# 正規表現を使ってKenが存在するか調べる
my $message = "I'm Ken";
if ($message =~ /Ken/) {
  ...
}

index関数を使ったプログラミングのサンプル

index関数を使った、カンマの最初の位置を調べるサンプルです。

# カンマの最初の位置を調べる
my $csv = 'aaa,bbb,ccc';
my $pos = index($csv, ',');

文字列が見つかった場合にのみ処理を行うサンプルです。

# 文字列が見つかった場合にのみ処理を行う
my $string = "I'm Ken";
my $search = 'Ken';

if (index($string, $search) != -1) {
  print "Found\n";
}

その他のサンプルです。

use strict;
use warnings;

my $message = "love love love.";

# index関数を使って文字を検索
my $word_love_pos_first = index($message, 'love');

# 二つ目のloveを検索
my $word_love_pos_second = index($message, 'love', $word_love_pos_first + 1);

print "First: $word_love_pos_first, Second: $word_love_pos_second\n";

# 繰り返し検索
{
  my @found_positions = ();
  my $found_posision = -1;
    
  while (1) { 
    $found_posision = index($message, 'love', $found_posision + 1);
    last if $found_posision == -1;
    push @found_positions, $found_posision;
  }

  print "Found: " . join(', ', @found_positions) . "\n";
}

出力結果

First: 0, Second: 5
Found: 0, 5, 10