Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. インストール

macOSへのPerlのインストール

macOSの環境には、すでにPerlがインストールされています。

以下のコマンドでPerlがインストールされているか確認してみましょう。

perl -v

バージョン情報が表示されれば、OKです。

さっそく、Perlを使い始めてみましょう。

ユーザー環境へのPerlのインストール

最新のPerlなどを使いたい場合は、ユーザー環境にPerlをインストールすることもできます。

またCPANモジュールをインストールしたい場合は、ユーザー環境へPerlをインストールするのが推奨です。

新しいMac OS X(mojave)のシステムPerlは、セキュリティ上の理由で、C言語で書かれたPerlモジュールのインストールに失敗するからです。

自分のユーザー環境にPerlをインストールしたい場合はperlbrewあるいはplenvというツールを使うことができます。

ルート権限が必要ないので、インストールが簡単で、OSの環境を汚しません。最新のPerlをインストールして使うことができます。

本番環境のWebサービスでPerlを実行する場合は、この方法が2019年現在は主流となっています。

perlbrewとplenvはどちらも、似ているツールで、ユーザー環境にPerlをインストールするためのツールです。お好みで選択してください。

macOSでターミナルを立ち上げてから、以下の手順を実行してください。

Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング