Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. インストール

Unix/LinuxへのPerlのインストール

Unix/Linux環境には、すでにPerlがインストールされてることが多いです。

以下のコマンドでPerlがインストールされているか確認してみましょう。

perl -v

存在する場合はすぐにPerlを使い始めることができます。

ない場合は、Unix/Linuxディストリビューションの標準のPerlをインストールすることができます。

あるいは、ユーザー環境にPerlをインストールすることもできます。

Unix/Linuxディストリビューションの標準のPerlをインストールする

rootユーザー権限で以下のコマンドを実行しましょう。ディストリビューションごとに、コマンドが異なるので、自分の環境にあったコマンドを実行してみてください。

# RedHatでのPerlのインストール
yum install perl

# Cent OSでのPerlのインストール
yum install perl

# DebianでのPerlのインストール
apt-get install perl

# UbuntuでのPerlのインストール
apt-get install perl

# FreeBSDでのPerlのインストール
pkg_add -r perl

ユーザー環境へのPerlのインストール

自分のユーザー環境にPerlをインストールしたい場合はperlbrewあるいはplenvというツールを使うことができます。

ルート権限が必要ないので、インストールは簡単で、OSの環境を汚しません。最新のPerlをインストールして使うことができます。

本番環境のWebサービスでPerlを実行する場合は、この方法が2018年現在は主流となっています。

perlbrewとplenvはどちらも、似ているツールで、ユーザー環境にPerlをインストールするためのツールです。お好みで選択してください。

Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング