Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. アプリ
  3. WebDBViewer
  4. |
  5. 木本プロジェクト

WebDBViewer - Webブラウザからデータベースの情報を見るためのデータベースビューア

WebDBViewerの1.0をリリースしたのでお知らせします。WebDBViewerWebブラウザからデータベースの情報を見るためのデータベースビューアです。phpMyAdminに似ていますが、データベースの情報を見る機能に特化しています。MySQLSQLiteに対応しています。

WebDBViewer (リポジトリとドキュメント)

サンプル

特徴

  • データベースの情報をWebブラウザ上で表示
  • MySQLとSQLiteのサポート
  • 簡単なselectステートメントの実行
  • Joinモードのサポート。結合したテーブルの列の条件で検索が可能。
  • テーブル名、create table文、プライマリーキー、NULLを許容する列、データベースエンジン、文字コードの表示
  • CGIをサポート、リバースプロキシに対応した組み込みのpreforkのWebサーバー
  • 多くのOSをサポート。Unix, Linux, Windows上のcygwin
  • Perl 5.8.7以上であることだけが必要

共有サーバーへのインストール

共用サーバーはLinux/Unix, Apache, SuExec, CGIをサポートしている必要があります。CGIモードで実行できるPHPが存在すれば、パーミッションの設定がいらないので、インストールはさらに簡単になります。

多くの共用サーバーはこれらをサポートしているので、適したサーバーを見つけることは簡単だと思います。

ダウンロード

WebDBViewerをダウンロードします。

https://github.com/yuki-kimoto/webdbviewer/archive/latest.zip

zipファイルを展開します。以下のディレクトリができます。

webdbviewer-latest

webdbviewer-latestをwebdbviewerにリネームします。

webdbviewer-latest -> webdbviewer

設定

webdbviewer.confでデータベースの情報を設定する必要があります。(;はコメントです)

[basic]
;;; Database type
; dbtype=mysql
; dbtype=sqlite
dbtype=mysql

;;; Database name
dbname=myproject

;;; User
user=kimoto

;;; Password
password=secret

;;; Host
;host=yourhost.com

;;; Port
;port=1234

FTPを使ってアップロード

FTPを使ってドキュメントルート以下にこれらのディレクトリをアップロードします。

セットアップ

ブラウザで以下のURLにアクセスしてください。

http://(Your host name)/webdbviewer/setup/setup.php

(PHPにファイルアクセスできなかったり、サーバーにPHPがインストールできなかった場合は、以下のCGIスクリプトのパーミッションを755に設定してください。)

http://(Your host name)/webdbviewer/setup/setup.cgi.

Setupと書かれたボタンを一度だけ押して、数分待ちます。

アプリケーションを実行

セットアップの結果がでたら「Go to Application」というボタンを押します。

インターナルサーバーエラーが起きた場合

もしインターナルサーバーエラーが起きた場合はwebdbviewer/log/production.logを見てください。どのようなエラーがでたのかを知ることができます。

自分で管理できるUnix/Linuxサーバーへのインストール

英語のドキュメントの該当する部分をご覧ください。

WebDBViewer

Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング