Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 文字コード
  3. Unicode
  4. コードポイント

ある文字のユニコードのコードポイントを調べる方法

ある文字のユニコードのコードポイントを知りたい場合は、次のようにします。utf8プラグマは有効にして、ソースコードをUTF-8で保存する必要があります。

use utf8;

my $str = 'あ';

# 十六進数として表示
printf "%x\n", ord($str);

ord関数で文字のコードポイントを知ることができます。printf関数で%xというフォーマット指定をして16進数で表示しています。

出力結果は以下のようになり「あ」という文字のコードポイントは3042であることがわかります。

3042

Data::Dumperで簡易的に調べる

Data::Dumperモジュールを使って簡易的に調べる方法もあります。Data::DumperはASCIIの範囲でない文字であれば、内部文字列を出力するときに、コードポイントに変換するからです。

use utf8;

my $str = 'あ';

use Data::Dumper;
print Dumper $str;

以下のようにユニコードのコードポイントが16進数で出力されます。

$VAR1 = "\x{3042}";
Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング