Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. Mojolicious

Mojolicious::Liteアプリでは、最後を「1;」で終わってはいけない。

Mojoliciousでは、自動的にファイルの変更を検地してくれるmorboと呼ばれるサーバーを起動して開発ができます。

morbo myapp.pl

でもひとつ気をつけてほしいことがあります。実は以下のアプリケーションは正しくうごきません。

use Mojolicious::Lite;

get '/' => sub { shift->render(text => 'aaa') };

app->start;

1;

Perlのソースコードとしては正しく見えます。でもmorboコマンドで実行すると以下のようにエラーになります。

"myapp.pl" is not a valid application.

実は最後の1;という行が問題です。実はapp->startでスクリプトが終わっている必要があります。__DATA__セクションがある場合は、app->startと__DATA__の間に空白以外をいれてはいけません。

以下のように修正すると正しく動きます。

use Mojolicious::Lite;

get '/' => sub { shift->render(text => 'aaa') };

app->start;

これはPSGIでアプリケーションを実行するときも同じことが言えるので気をつけましょう。

Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング