Perl入門ゼミ

  1. Perl
  2. Mojolicious

Mojolicious::Liteでさまざまなルートを記述する

Mojolicious::Liteでさまざまなルートを記述してみましょう。

GETメソッドとPOSTメソッド

GETメソッドによる「/」へのルートです。GETメソッドはページを取得するときや検索を行うときに利用されることが多いです。

# Via get method
use Mojolicious::Lite;
get '/' => sub { shift->render(text => 'Hello') };
app->start;

次はPOSTメソッドによる「/create」へのルートです。POSTメソッドは新しい記事の投稿や更新、削除などサーバーに存在するデータに対して変更を行う場合に利用されることが多いです。一般的にフォームの送信処理で利用すると考えるとよいでしょう。

# Via post method
use Mojolicious::Lite;
get '/' => 'index';
post '/create' => sub {
  my $self = shift;
  
  my $title = $self->param('title');
  
  $self->render(text => $title);
};
app->start;

__DATA__

@@ index.html.ep
<html>
  <head><title>Top Page</title></head>
  <body>
    <form method="post" action="<%= url_for '/create' %>" >
      <div>Title: <input type="text" name="title"></div>
      <div><input type="submit" value="Send"></div>
    </form>
  </body>
</html>

プレースホルダーの利用

URLの中にはプレースホルダを含めることができます。「:名前」のようにコロンで始めます。プレースホルダは変数のようなものだと考えればよいでしょう。

# Place holder
get '/entry/:date' => sub {
  my $self = shift;
  
  my $date = $self->param('date');
  
  $self->render(text => $date);
};

プレースホルダに指定した値はparamメソッドで取得することができます。

次のURLでアクセスしてみましょう。20111212と表示されます。

/entry/20111212

リラックスプレースホルダー

ところがこのプレースホルダーには.(ドット)を含めることができません。.もキャプチャしたい場合はリラックスプレースホルダを利用します。リラックスプレースホルダーは「#名前」のようにシャープで始めます。リラックスプレースホルダーについては常に括弧「()」で囲む必要があることに注意してください。(注:Mojolicious3.0くらいからはリラックスプレースホルダーの記法は「.名前」から「#名前」に変更されました。)

# Relax place holder
get '/entry/(.datetime)' => sub {
  my $self = shift;
  
  my $datetime = $self->param('datetime');
  
  $self->render(text => $datetime);
};

次のURLでアクセスしてみましょう。20111212.102232と表示されます。

/entry/20111212.102232

ワイルドカードプレースホルダー

/(スラッシュ)も含めてマッチさせたい場合はワイルドカードプレースホルダーを使用します。

# Wildcard place holder
get '/entry/*datetime' => sub {
  my $self = shift;
  
  my $datetime = $self->param('datetime');
  
  $self->render(text => $datetime);
};

次のURLでアクセスしてみましょう。20111212/102232と表示されます。

/entry/20111212/102232

ルートのテクニック

ふたつのルート

次のふたつのURLで同じロジックを実行したい場合はどうしたらよいでしょうか。

/entry
/entry/20101111

このような場合はデフォルト値をundefに設定してあげるのがよいでしょう。そうすると上の二つのルートで同じロジックを利用できます。

# Match above two URL
get '/entry/:date' => {date => undef} => sub {
  my $self = shift;
  
  my $date = $self->param('date') || 'undefined';
  
  $self->render(text => $date);
};

静的なルートと動的なルートの混合

静的なルートと動的なルートを混ぜたい場合はどうすればよいでしょうか。

# Static route
/description

# User name
/kimoto
/kraih
/taro

その場合は静的なルートを上部に記述すればよいだけです。

# Static route
get '/description' => sub { shift->render(text => 'description') };

# Dinamic route
get '/:user' => sub {
  my $self = shift;
  
  my $user = $self->param('user');
  
  $self->render(text => $user);
};

もう少し難しいルートも記述してみましょう。GithubなどのURLなんかもこのような仕組みになっていますね。

# Description(Static)
/description

# User name(Dinamic)
/kimoto
/kraih
/taro

# User name and profile (Dinamic and Static)
/kimoto/profile
/kraih/profile
/taro/profile

# User name and project (Dinamic and Dinamic)
/kimoto/dbix-custom
/kraih/mojo
/taro/foobar
# Description(Static)
get '/description' => sub { shift->render(text => 'description') };

# User name(Dinamic)
get '/:user' => sub {
  my $self = shift;
  
  my $user = $self->param('user');
  
  $self->render(text => "User $user");
};

# User name and profile (Dinamic and Static)
get '/:user/profile' => sub {
  my $self = shift;
  
  my $user = $self->param('user');
  
  $self->render(text => "$user Profile");
};

# User name and project (Dinamic and Dinamic)
get '/:user/:project' => sub {
  my $self = shift;
  
  my $user = $self->param('user');
  my $project = $self->param('project');
  
  $self->render(text => "$user $project Project");
};