Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. バージョン情報
  3. here

Perl 5.14 リリース

Perl5.14がリリースされましたね。個人的に気になった部分。

Unicode6への対応

Unicode6に対応しました。絵文字などが利用できます。ただし一部Perlの内部実装とぶつかる部分がある(ベルをあらわす文字)。これは将来的にはUnicode6で扱われる文字に置き換えられるようです。

IPv6サポートの改善

IPv6に対応するアプリケーションが書きやすくなりました。

CPANコマンドの改善

CPANコマンドの設定がより自動で行われるようになりました。またlocal::libが組み込まれたので、ユーザー環境へのインストールが、CPANコマンドだけでもできるようになりました(たぶん)。

標準モジュールにHTTPクライアントが追加

標準モジュールにHTTP::TinyというHTTPクライアントが追加されました。CPANモジュールが外部への依存なしに、HTTPサーバーへアクセスするために追加されました。HTTPクライアントが標準添付になるのは、個人的にはよい決定だと思いました。

標準モジュールにJSONを解析するモジュールが追加

標準モジュールにJSON::PPというJSONを解析するためのモジュールが追加されました。CPANモジュールのJSONで書かれたコンフィグファイルを読み込むための用途だそうです。JSONを解析するモジュールが標準添付になるのは、個人的にはよい決定だと思いました。

その他の文法

いくつかの文法が新しくなりました。配列のリファレンスをpushに渡せるようになったりと、記述が楽になりました。一般的に広まって標準的に利用できるのは15年後くらいかもしれないので、のんびり待ちます。

パフォーマンス

文字列連結の処理で最適化が行われたようです。テンプレートエンジンなんかでは、顕著な効果があるようでパフォーマンスが10%くらい向上したかもしれません。

Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング