Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 正規表現
  3. here

文字列の末尾にマッチ - \z

正規表現で文字列の末尾を表現するには\zを使用します。

「$」と異なるのは、mオプションを使用した場合でも意味が変わらないということです。mオプションを使用した場合は「$」は文字列の末尾ではなく、行の末尾を表現するようになります。

my $str = "abc\ndef";
if ($str =~ /def\z/m) {
  # 文字列の末尾にマッチ
}
Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング