Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. オブジェクト指向
  3. 継承の仕組み

継承の仕組み

Perlにおける継承の仕組みを解説します。

1. 継承の仕組み

継承の仕組みは上位クラスに対してメソッドの探索をしているということです。前回のコードをもう一度見てみましょう。

use strict;
use warnings;

# コンポーネントクラス
package Component;
sub x { return 5 }


# ボタンクラス
package Button;
# 継承の記述
our @ISA = ('Component');

sub new { bless {}, 'Button' }

package main;
# ボタンクラスを使用する
my $button = Button->new;
print $button->x;

Buttonクラスには、x というメソッドがないのに、 x というメソッドを呼び出しているのでした。これは、@ISA = ('Component')という記述で継承しているからだと解説しました。

でも実は本当はメソッドの探索が行われているだけです。

2. メソッド探索のアルゴリズム

以下がメソッド探索のアルゴリズムです。

自分のパッケージ(この例の場合は Button) に x メソッドがあれば、それを呼び出す。もしなければ、 @ISA に含まれるパッケージ(この例では Component) の x メソッドを呼び出す。

これを最上位のスーパークラスまで繰り返します。これが、Perlにおける継承の実装です。

Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング