Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発
  1. Perl
  2. 構文
  3. here

use - モジュールを読み込む

モジュールをコンパイル時に読み込むにはuseを使用します。

use モジュール名

モジュール名は裸の文字列で指定する必要があります。クォートやダブルクォートで囲んだ文字列は受け付けません。また変数も受付ません。

# 裸の文字列でモジュール名を指定する
use CGI;

また標準的な慣習としてモジュール名の後ろに関数名を指定すると、関数を現在の名前空間にインポートすることができます。

# 関数のインポート
use File::Basename 'basename', 'dirname';

モジュールを読み込む手段としては、useの他にrequire関数がありますが、モジュールを読み込む場合は通常はuseを使っておきましょう。モジュールは、importメソッドを呼ばれることを期待しているので、use を使えば自動で行ってくれます。

useで実行される処理

useで実行されるのは次の処理です。File::Basenameの場合を例にしています。

# useで実行される処理
BEGIN {
  require File::Basename;
  File::Basename->import(qw/basename dirname/);
}

BEGINブロックで囲われた部分はコンパイル時に実行されます。requireでモジュールが読み込まれ、そのモジュールのimportがメソッド呼び出しとして実行されます。

importを実行しない方法

useは自動的にimportを実行します。importを実行したくない場合は次のようにします。

# importを実行しない
use File::Basename ();

useに変数を渡す方法

useは裸の文字列しか受け取ることができないため、変数を渡すには工夫が必要です。evalを使って変数名を裸の文字列として認識させる必要があります。

またevalは危険がある処理を実行する可能性があるので、必ず有害な処理を含まないことを確認してから実行します。モジュールの読み込みに失敗した場合はエラーメッセージが$@に格納されます。

# useに変数を渡す

# モジュール名
my $module = 'AAA';

# ワード文字だけで構成されていることを確認
die "Invalid module name" if $module =~ /\W/;

# モジュールの読み込み
eval "use $module";

# モジュール読み込みに失敗した場合の処理
die $@ if $@;