Perl入門ゼミ

テキスト処理、Linuxサーバー管理、Web開発ならPerl
  1. Perl
  2. 数値
  3. here

角度をラジアンに変換

度数法( 30°,90°など )で表された角度を、ラジアン( π/6, π/4 など )に変換するにはMath::Trigモジュールのdeg2rad関数を使用します。その逆を行うには、rad2deg関数を使用します。

use Math::Trig 'pi', 'deg2rad';

# 度数法の角度を弧度法の角度に変換する
my $rad = deg2rad(30);

# 弧度法の角度を度数法の角度に変換する
my $deg = rad2deg(pi / 6);

三角関数については以下のページで詳しく解説しています。

度数法と弧度法

度数法とは、円を360分割したものを単位として使う角度の表現方法のことです。普段よく見る角度の表現 30°,90°などは度数法で表現した角度です。

一方弧度法とは、半径がr円周がrになる扇型の中心角を単位とした角度の表現方法のことです。度数法の180°は弧度法のπになります。これを覚えておくと、30°は、180°の6分の1なので、π/6 と等しいということを求めることができます。

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use Math::Trig qw/pi deg2rad rad2deg/;

print "(1)角度をラジアンに変換する。\n";
print deg2rad(30) . "\n";

print "(2)ラジアンを角度に変換する。\n";
print rad2deg(pi / 6) . "\n";
Qiitaで
「3分間Perlテキストクッキング」
という連載を始めました。
テキスト処理を題材にして、3分くらいで読める分量で、書いていきます。
文字コード、テキストデータ、コンピュータにおけるテキストの扱いなど、ソフトウェアの基礎の話題も
3分間Perlテキストクッキング